全体のうちの女性が1割が締める「遊戯障害」とは?

遊戯障害とは?

全国の調査で、パチンコやパチスロにハマりすぎて、生活に支障をきたしている人口がおよそ90万人に及ぶことが8/24に発表されました。
調査されたのは初めてのことです。

遊戯障害とはあまり聞き覚えのない話ですが、いったい何なのか簡単に言います。

遊戯障害とはギャンブル依存症の別の言い方です。

パチンコやパチスロはあくまでギャンブルではなく、”遊戯”とされています。
なので、パチンコでギャンブル依存になるのはおかしな話であって、そのために作られた新たな用語というわけです。
90万人とは、結構な人口がいるんですね。そしてそのうち1割、およそ9万人ほどが女性であるそうです。
女性といえば、ギャンブルが嫌いな人が多いイメージですが、そんな人たちでもいきなりギャンブルにのめりこむ人も実際には多いようです。
その理由はいったいどんなものか?女性からの体験談を聞いてみました。

遊戯依存症になった女性の体験談

きっかけは付き合っていた彼氏に連れられて行ったことでした。

始めは何が何だかわからずにただ見ていただけでしたが、大当たりしてからアドバイスを受け打たせてもらい、画面の演出などが派手で面白くすぐ打つのが楽しくなりました。
また換金する際に元金の3倍のお金が返ってきたことにも驚きハマってしまいました。

始めた頃はその台しか打ち方などもわからず、初めての店には入りずらくて2週間に一回程度のペースで遊んでいました。パチスロにもっとハマり始めたのは自分の好きなアニメの台が出た時です。
この台が出てからは彼氏にも内緒で休日や仕事終わりにも打ちに出向いて、週2回くらいは通っていました。今まではあまりよくわからずに打っていたのですが、その時はネットで攻略を調べたりパチスロの本を熟読したりかなり勉強もしていました。
休日には台を取るために整理券を取りに行き、朝から晩まで滞在するほどです。大当たりすればもちろん楽しいですが、負けている間も後で絶対当たる!や取り戻す!という感情が働いてなかなか辞めれませんでした。

パチスロは次から次にどんどん新台が出て、アニメが好きな私には知っているアニメの台がたくさん出てかなり魅力的でした。また、知っているからこそ演出が熱く打っていて楽しいのです。マニアックな細かい所まで再現されているのであの演出を出したい、見たいとついつい打ち込んでしまいます。台だけでなく店内もどこもすごく綺麗で休憩スペースも充電器やテレビ、本が充実しています。
トイレも綺麗でアメニティも完備、女性が特に気になるタバコの臭いを取る空気の洗浄シャワーなんかも置いてある店があって女でも入りやすくなっています。長いときは朝から晩まで打ちますが時間を忘れるくらい、むしろ時間が足りないくらいハマります。

netcasino021
netcasino024

【日本語対応ネットカジノ】 KACHIDOKI

4号機のパチスロを海外ネットカジノ会社が再現! 日本人に愛されるあの名機(に似た台)が、稼げるカジノで登場! 完全日本語対応で、安心して遊べるサイトです。

netcasino022
netcasino025

【日本語対応ネットカジノ】 ベラジョンカジノ

日本国内でも多くのユーザーを獲得している大手のカジノサイト。 無料で遊べるスロットゲームが多数配置されており、それでいて日本語にも対応! 入会ボーナスとして30ドルプレゼントのキャンペーン実施中!!
>>ベラジョンカジノ公式サイト
netcasino023
netcasino026

【日本語対応ネットカジノ】 ジャックポットシティカジノ

日本人向けの独特のキャンペーンが魅力のネットカジノ。 1998年から営業を行っている実績のあるサイトで、日本語化は遅かったものの、 現在では屈指の使いやすさになりました!!
>>ジャックポットシティカジノ公式サイト

You may also like...