インディアナグランドのカジノは危険?アメリカインディアナ州のカジノ体験談・口コミ

インディアナグランドとは

アンリカのインディアナ州にあるインディアナグランドでカジノに行った感想ですが、先ずカジノに入店する時には年齢確認を証明する身分証明書が必要になってきます。

私の場合はパスポートにて年齢確認をしました。また入店しますと大勢のお客様がいて、歓声や大声を出すお客様もいました。

インディアナグランドの体験談

入店し店内をぐるりと周り店内の様子を確認しましたが、店内は1ドルコーナーや1セントコーナーに分かれておりました。
また富裕層を狙いとしたコーナーがありそこには100ドルスロット等がありました。また店内中央部にはバーカウンターがありお酒を飲むことが可能となっています。

店内奥には場外競馬場の販売や軽食などが食べられる飲食店があり、2階に上がりますと競馬場も隣接されていました。

ゲーム機についてはスロット、カードゲーム、ルーレットがあり私はスロットをプレイしました。その時の資金としましては1000ドルを用意していました。早速台の席に座りお金を投入です。現金は市へのみ使用可能であり、紙幣を投入しますとゲーム機内のクレジットに入金金額が表示されます。
1回の掛け金につきましては、私がやったのは1セントコーナーで、私がやった台には50セント、1ドル、2.5ドル、5ドルとなっていました。この掛け金につきましては掛け金によって図柄がそろった場合の払い戻しが変わってきます。
最初は何も絵柄が揃わず10分位で100ドルを取られてしまったのです。投資500ドル目でようやくボーナスが引けました。その時には掛け金5ドルにしていましたので、ボーナス中に高配当の絵柄が揃い2000ドルの当選をしたのです。
日本のスロットとは違いカジノのスロットはボーナスを引きますとフリーゲーム8回や10回のフリーゲームになります。このフリーゲーム中に必ずしも絵柄が揃うとは限らないのです。また、配当についてはゲーム機内のクレジットに蓄積されていき、ゲーム終了後に払い戻しを行うシステムでした。
ゲーム終了時にはキャッシュアウトのボタンを押しますと、クレジット貯まった金額が紙切れとして出てきます。この紙切れを、交換所がありますのでそこに行き、現金と交換を行います。また自動の交換する機械もありました。

インディアナグランドは危険?

ゲームをした感想になりますが、カジノは考えてゲームに望まないと一辺にお金が無くなってしまう、高配当の絵柄が揃えば掛け金によって金額が変わってきますので一気に稼ぐことが可能になっています。

カジノ自体はアジアのカジノなどと違って下品ではなく、大人のオシャレな遊び場みたいな感じで普通とは全然違う経験ができます。ギャンブル中毒の危険はありますが、身の安全という意味では問題ないと思います。全額スッてすってんてんにならなければの話ですけどねw

netcasino021
netcasino024

【日本語対応ネットカジノ】 KACHIDOKI

4号機のパチスロを海外ネットカジノ会社が再現! 日本人に愛されるあの名機(に似た台)が、稼げるカジノで登場! 完全日本語対応で、安心して遊べるサイトです。

netcasino022
netcasino025

【日本語対応ネットカジノ】 ベラジョンカジノ

日本国内でも多くのユーザーを獲得している大手のカジノサイト。 無料で遊べるスロットゲームが多数配置されており、それでいて日本語にも対応! 入会ボーナスとして30ドルプレゼントのキャンペーン実施中!!
>>ベラジョンカジノ公式サイト
netcasino023
netcasino026

【日本語対応ネットカジノ】 ジャックポットシティカジノ

日本人向けの独特のキャンペーンが魅力のネットカジノ。 1998年から営業を行っている実績のあるサイトで、日本語化は遅かったものの、 現在では屈指の使いやすさになりました!!
>>ジャックポットシティカジノ公式サイト

You may also like...