casino filipinoのカジノは危険?フィリピン,セブ島のホテルマルコポーロ内のカジノ体験談・口コミ

casino filipinoとは

セブに留学をしていた際に留学仲間と訪れたカジノ。セブ内にもいくつかカジノはありますが、マルコポーロホテルにあるカジノは広くフィリピン人と観光客で賑わっています。私自身、一度ラスベガスでカジノをしたことがありますが、あまり詳しくないので、単純なゲームで遊ぶことに。

casino filipinoの体験談

私たちが選んだのは、「red/white(赤白)」というピンポン玉を使ったとてもシンプルなゲーム。
将棋のマス目のようなボックスがあり、マス目は赤・白・星の3つに分かれています。その上に穴が開いており、そこからピンポン玉を3つ落とします。そしてその3つのピンポン玉が、赤・白もしくは星のどこに行くか予想し掛けるというゲームです。
ちなみに星のマスは2つだけで、後は赤と白に分かれていました。つまり星に行く確率はとても低いということです。

掛け方は、赤2つ・白2つ・赤3つ・白3つ・星1つ・星2つのどれかに掛けます。もちろん確率が低いものほど、高額のマネーをゲットするチャンス!ということを念頭に置き、早速プレイ。
ちなみに私はびびりなので、友人が私に200ペソ分のチップをくれたので、それでちょっと遊ぶつもりで参加しました。正直、このゲームは駆け引きや頭脳戦など一切必要なく、運ひとつで勝負するものなので、考えても仕方ありません。もう自分が信じたところに置きます。するとどうでしょう!この単純なゲーム、ビギナーズラックも相まってか、勝ちまくるではないですか!
びびりな私は、星には全くかけず、ひたすら赤2つもしくは白2つ掛け続けたのですが、面白いことにこれが当たるんですwちなみに私含めて合計4人で行ったのですが、なぜか私だけ勝ちまくります。そう、実は私、勘がいいんです!が、結構勝ち続けると、友人たちもどんどん私に期待をかけてきます。

しかし、プレッシャーや期待にめっぽう弱い私。スタートでは気軽に遊んでいたものの、次第に真剣になってくるとどうも勘が当たりづらくなってきました。ということで、頃合いを見計らって掛けを終了。

さて肝心の結果ですが・・・200ペソが、なんと!1600ペソに化けました~☆嬉しい!
何日分の食事だろうwちなみに私以外の3人は全員負けて掛けた額すべてを失っていました。残念!

casino filipinoは危険?

後日談ですが、この時一緒に行った友人はよほど負けたのが悔しかったそうで、後日一人でリベンジしに行ったそうです。そして結果日本円で20万円負けたそうです。笑
ギャンブルは熱くなったらやっぱり危険ですね。ほどほどにしましょう。

netcasino021
netcasino024

【日本語対応ネットカジノ】 KACHIDOKI

4号機のパチスロを海外ネットカジノ会社が再現! 日本人に愛されるあの名機(に似た台)が、稼げるカジノで登場! 完全日本語対応で、安心して遊べるサイトです。

netcasino022
netcasino025

【日本語対応ネットカジノ】 ベラジョンカジノ

日本国内でも多くのユーザーを獲得している大手のカジノサイト。 無料で遊べるスロットゲームが多数配置されており、それでいて日本語にも対応! 入会ボーナスとして30ドルプレゼントのキャンペーン実施中!!
>>ベラジョンカジノ公式サイト
netcasino023
netcasino026

【日本語対応ネットカジノ】 ジャックポットシティカジノ

日本人向けの独特のキャンペーンが魅力のネットカジノ。 1998年から営業を行っている実績のあるサイトで、日本語化は遅かったものの、 現在では屈指の使いやすさになりました!!
>>ジャックポットシティカジノ公式サイト

You may also like...