Sands Casinoは危険なカジノ?マカオのカジノ体験談・口コミ

Sands Casinoとは

マカオでは、ほとんどのホテルにカジノが併設されています。しかも24時間営業しているところばかりです。その中でも私が今回選んだカジノは、世界遺産のセナド広場から車で約8分の、『Sands Casino』という場所です。

こちら何に惹かれたかというと、完全禁煙のフロアもあり、臭くない!
飲み物も自由で、女性も入りやすいところです。

少し初心者向けかと思わせるような設備かと思いきや、しっかり皆さん白熱しておりました。雰囲気はやはりまあまあディープです。スロットの数も1200以上あり、平日でも夜にはとても賑わいます。ラスベガス式カジノの草分けとも言われているようです。また、夜には素敵なショーも行われます。
入場は非常に簡単でしたが、21歳以上という条件があります。私は24歳ですが、やはり年齢確認がしっかり行われました。入場料は無料です。手荷物を預ける必要はありませんでした。しかし、できるだけ携帯は使わない方が良いですね。
香港ドルでのゲームが基本なので、両替の必要がある方は入り口近くのキャッシャーで換金する必要があります。

Sands Casinoのカジノ体験談

 

コインに変えることなく、現金のまま開始できるゲームが多いです。
こちらにはルーレット、バカラなど、様々なゲームがありますが、中でも私がはまってしまったのは、マカオ発祥の中国式ゲーム、『大小』というです。
Sandsの大小は、完全に電子式です。

ディーラーはおらず、円卓の中心に自動で振られるサイコロがあり、定期的にゲームが行われる方式です。なので、いつでも離席、着席可能です。とっても手軽なので、自分の中で上限を決めて行なった方が良いです。

ルールは非常に簡単です。各席にサイコロの出目を予想する画面があります。サイコロは3つ同時に振られるので、その目の合計が10までか、11以上かを予想したり、1がいくつ出るか?はたまた1.5.6などの数か?を画面から選び、その選んだ項目1つ1つにベットをかけます。
こちらの大小は良心的で、10ドルからかけられます。なので、複数の選択肢に10ドルずつ、大か小に50ドル、など様々な選択が出来ました。
電子式だからなのか分かりませんが、私が行なった時はやたら大が多い印象で、ずっと大にかけていたら結果的にかなりプラスになりました。

上限は決めていましたが。そろそろ換金したいな〜と思った場合には、画面右下の換金ボタンを押すと、チケットが出てきますので、そちらをキャッシャーまで持っていけばOKです。また、そのチケットでゲームをすることも出来ます。

Sands Casinoのカジノは危険?

少し大声を出している人もいましたが、エキサイトするのはやはり実際のカジノの醍醐味です。比較親しみやすいカジノだったのではないかと思います。
前述したとおり、女性一人でも入りやすいカジノでした。旅行で検討されている方にはお勧めしたいですね。

netcasino021
netcasino024

【日本語対応ネットカジノ】 KACHIDOKI

4号機のパチスロを海外ネットカジノ会社が再現! 日本人に愛されるあの名機(に似た台)が、稼げるカジノで登場! 完全日本語対応で、安心して遊べるサイトです。

netcasino022
netcasino025

【日本語対応ネットカジノ】 ベラジョンカジノ

日本国内でも多くのユーザーを獲得している大手のカジノサイト。 無料で遊べるスロットゲームが多数配置されており、それでいて日本語にも対応! 入会ボーナスとして30ドルプレゼントのキャンペーン実施中!!
>>ベラジョンカジノ公式サイト
netcasino023
netcasino026

【日本語対応ネットカジノ】 ジャックポットシティカジノ

日本人向けの独特のキャンペーンが魅力のネットカジノ。 1998年から営業を行っている実績のあるサイトで、日本語化は遅かったものの、 現在では屈指の使いやすさになりました!!
>>ジャックポットシティカジノ公式サイト

You may also like...